一言で「ビジネスバッグ」といってもいろいろなものがあります。ナイロンなどの布地を使ったものから、有名ブランドによくある皮や合成皮革を使ったものまで、本当にいろいろな種類があります。では、新しくビジネスバッグを買うなら、いったいどんな素材のものを買えばいいのか、ということについて書きます。

・新入社員や就職活動中の学生の場合
 もしあなたが、学校を卒業してそのまますぐに就職する人、もしくはこれから就職活動をしようとする人なら、ナイロンなどの布地を使ったものをお勧めいたします。色はもちろん黒一択です。なぜそのようなものをオススメするかというと、ちゃんとした理由があります。
 就職活動に限って言えば、就職試験を受けに行った会社からさまざまな資料をもらうことがあると思います。1社だけだったらたいしたことがありませんが、何社も回っているとどんどんバッグが重くなってくるはずです。紙は1枚ならたいした重さではありませんが、「ちりも積もれば山となる」の言葉のように、数が集まれば相当な重さになるのです。
そのため、バッグが重いと体にとっては相当なダメージになります。ただでさえ就職活動は、話したことが無い人と話したり、1日に何軒もの会社を訪問しなければいけなかったりと体には相当に負担になるものです。そのため、バッグ自体が軽いことが絶対条件であることがお分かりいただけたでしょうか。バッグが重いせいで、体に負担を掛けてしまってはいけないのです。
 就職活動を始めるなら、自分自身に気合を入れるために就職してすぐの間でも使えるビジネスバッグを買ったほうがあとあとお得かもしれません。就職活動のさなかや、新入社員時代の服装は「無難であること」が求められるもの(一部例外はありますが。)。それを踏まえてビジネスバッグを選びましょう。

・就職してもう何年も経っている人の場合
 この場合、あなたがどのような業界で、どのような仕事をしているかによって回答がまったく異なってきます。
 まず、銀行や金融などのいわゆる「お堅い」業界に勤めているなら、先ほどの就職活動中の学生のように「無難に見えること」を目指してビジネスバッグを選んでください。長いこと働いているならお金も多少は余裕があるはずなので、ちょっといいブランドの黒のナイロンのビジネスバッグを買ってみてもいいでしょう。
「仕事でパソコンを持ち歩くんだけど」という人は、パソコンの収納に対応しているビジネスバッグを探してみるといいかもしれません。人間工学に基づいてデザインされているビジネスバッグもあるので、興味がある人は試してみる価値がありそうです。
 一方、マスコミやアパレルなど、いわゆる「やわらかい」業界に勤めているなら、おしゃれ度を重視した選択をしてもいいかもしれません。カバン自体の重量は重くなりますが、皮でできたビジネスバッグを選んだり、有名ブランドのロゴが入ったビジネスバッグを使ってみてもいいでしょう。荷物の多さと自分のファッションに合わせて、好きなものを選んでみてください。