ビジネスバッグ購入体験談~結局、最後は軽さで選びました

私は、資格試験の講師とライターを兼業してやっています。仕事がある日は、資料やノートパソコンなどとにかく多くの荷物を持ち歩きます。これに加えて、身の回りの道具(化粧道具や携帯電話や財布)なども持ち歩かなければなりません。そのため、いつも荷物の重さで肩が凝って疲れ果てていました。

たまの贅沢、とマッサージに行くと、「こんなに硬いんじゃちょっとの時間のマッサージでどうにかしようとしないほうがいいです」とセラピストさんにアドバイスを頂いてしまうくらいです。「なんでいつもこんなに疲れているんだ?」と思ったとき、自分の身の回りを見回して答えがわかりました。荷物が多いせいもあるけど、そもそも、「バッグ自体が重い」という真実に気がついたのです。

私が使っていたビジネスバッグは、韓国に行ったときに買った本皮の黒いバッグ。デザインもかわいくて気に入っていたのですが、持ってみると重いのです。ふと考えて、体重計に中身のはいっていないバッグを置いてみました。1キロ超えていました。何も無い状態で持つならともかく、重い資料やパソコンを入れて歩くにはかなりきつい重量です。「・・・ビジネスバッグにもなるバッグを買おう」とそのときに思ったことを今でも覚えています。

そこで、「新しい仕事用バッグを買うぞ」プロジェクトを立ち上げました(単に計画を立て始めただけです)。まず、考えたのは「材質」です。今まで私は皮のバッグを使っていました。皮のバッグは丈夫だし、おしゃれです。布と皮、どちらが材質として好きか、といわれれば圧倒的に皮なのです。しかし、大きなバッグになると重量が半端無いことになる、ということも考える必要がありました。

そこで、デパートのバッグ売り場に行き、「軽くて丈夫で一杯ものが入る仕事向けのバッグが無いか教えてください」とお願いしました。お店の方の提案は「すべてを1つのバッグにまとめて入れるのではなく、パソコンなどは別のバッグに入れて持ち歩くほうが方への負担は少ない」ということでした。それを踏まえて選んでもらったのが、折りたたみもすることができるというフランスのあるブランドのバッグ。

確かに本や筆記用具、化粧道具に財布など何でも入ります。仕切りがないのはちょっと痛いですが、それはポーチなどを活用することなどして荷物の整理を行えばいいことです。パソコンは持ち手つきの耐衝撃バッグでかわいいのがあったので、それに入れることにしました。バッグを変えて仕事に行ってみたんですが・・・快適です。もつと早くバッグに気付いていれば、快適に過ごせたのかもしれないな、と思っています。バレンタインデーのお返しにもオススメです。